お母さんと赤ちゃん

乳児湿疹の原因を排除しよう|保湿をして刺激から守る

外部刺激から守ること

乳児

予防と改善が出来る

赤ちゃんは敏感な肌の持ち主なので、乾燥や乳児湿疹などの肌トラブルを起こしやすいです。乳児湿疹になる原因は、ミルクの飲みこぼしからかぶれてしまったり、肌の乾燥からなる場合があります。ですから、肌を清潔に保ち保湿をしっかりとしてあげることで予防が出来ます。予防や改善が出来る乳児湿疹用のクリームやオイルなどもあるので活用すると良いです。そういった保湿剤は赤ちゃんの肌につけても大丈夫なように、ステロイドが入っていないものが多いので副作用の心配もないことからママに人気があります。中にはアトピー肌の子でも使えるものがあり、肌質を改善してくれたりします。乳児湿疹の原因になるような、外部刺激からしっかりと肌を守ることで赤ちゃんも快適に過ごせます。

安心して使うために

乳児湿疹にならないように、普段からクリームなどで保湿してあげることは大切なことです。乳児湿疹になってしまった場合は、薬などに頼ることも必要になります。赤ちゃんが万が一口にしても大丈夫な成分で出来たものや、低刺激でステロイドなどが配合されていないものを選べば安心して赤ちゃんに使えます。薬や保湿剤を上手く活用しながら、乳児湿疹の原因を取り除いてあげれば肌トラブルに負けない肌にしてあげれます。また、季節関係なく加湿器をつけてあげればお部屋の湿度も保たれるので乾燥から肌を守れます。いつまでも、潤い溢れるプルプルな肌を保ってあげるためにも、乾燥やミルクかぶれなどの原因をなくして保湿クリームや予防改善に役立つ薬などを使っていくと良いです。

新生児に合わせた生活

親子

赤ちゃんは免疫力や抵抗力が弱く、肌がデリケートです。私たち大人が使っている洗剤には、様々な化学製品が使われているため、できるだけ分けて洗濯した方がよいでしょう。大人のものと一緒に洗う場合は、なるべく化学製品の使われていないものを選べば問題ないはずです。

もっと知ろう

赤ちゃんに正しい肌ケアを

お母さんと赤ちゃん

乳児湿疹の特徴は、過剰な皮脂分泌が原因であることです。しかし、その多くは自然治癒します。こまめな肌ケアを行うことによって、おむつかぶれやあせもも防ぐことができます。

もっと知ろう

新生児に起こりやすい症状

乳児

赤ちゃんの肌は私たちが思っている以上に敏感です。冬の時期には乾燥によって、体全身に肌荒れを起こす赤ちゃんがいます。肌荒れが出た場合は、医師の指示に従って薬を使用した方がいいでしょう。さらに、部屋の湿度を保つために、加湿器を使うと風邪予防や痒がりの緩和につながります。

もっと知ろう